読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜の途中

毎晩、20時頃に娘を寝かしつける。

つい自分もウトウトしてしまうと、シンとした部屋で目を覚ますことになる。

夕食の支度を再開する、録画したドキュメンタリーを見る、家計簿をつける、買ったままになっている漫画を読む、などなど、娘が寝たらやろうと思っていた事柄を頭に思い浮かべるも、だらだらと起き上がる気になれない日がある。自分のために時間を使える絶好のチャンスにも関わらず。

そんな時、近所のバッティングセンターから「カーン」というヒットの音が聞こえると、ああ、起きよっかな。と思う。

仕事の帰りにわざわざバッティングセンターに寄って汗だくになって、これから帰る人だっているんだ。夜はまだまだこれからなんだ。とりあえずお茶でも飲むか。

そんな感じでもそもそと起き上がる。

 

話は変わって、シマトネリコの元気がやっぱりない。

茶色く変色した葉がたくさんあり、指で触れるとハラハラと落ちる。

多肉植物が欲しいけど、新入りがどんどん枯れていくと悲しいので、とりあえずこのシマトネリコが軌道に乗るまで我慢しよう。

土間の出窓にプラントスタンドを置いた。多肉植物を寄せ集めて置くのが楽しみだ。